神功皇后山と龍門滝山の手拭い

神功皇后山 (猟師町)

入手困難度★★★★★

大津祭 神功皇后山 手拭い

戦に立たれた神功皇后が、肥前国松浦で鮎を釣り、戦に勝たれたという伝説にちなむのが神功皇后山。 水しぶきを上げる荒波と神功皇后が祀られた山が手ぬぐいに描かれています。

神功皇后はその時にご懐妊されていて、戦の後に応神天皇を無事出産されたことから、昔から安産の山として信仰されています。

入手困難な手ぬぐいなので、どうしても今年欲しい!という方は、放ってもらうのを狙うより、宵山で購入するほうがベターです。


龍門滝山 (太間町)

入手困難度★★☆☆☆

大津祭 鯉山 手拭い
龍門の滝を鯉が昇っていくところが所望のときに演じられる龍門滝山。 

鯉の滝のぼりのシーンです。 この曳山は鯉山とも呼ばれています。
手拭いにも旧字体で鯉山、とかかれ、上向きに鯉の昇ってゆく姿が描かれています。


次ページ→西王母山と猩々山の手拭い