孔明祈水山と西宮蛭子山の手拭い

孔明祈水山 (中堀町)

入手困難度★★★☆☆

大津祭 孔明祈水山 手拭い
諸葛孔明が魏の曹操と戦ったとき、流れる水に「敵の大軍を押し流してください」と水神に祈って大勝をしたという故事によるといわれているのが孔明祈水山。

手拭いにもその川水の模様と、孔明が手にしていた扇の模様が描かれています。
所望も孔明が扇を描いて水を招くと、流れ落ちる仕掛けが演じられます。

孔明祈水山の囃子手の子供たちは水の色(ブルーというよりもエメラルドグリーン?)の鮮やかな羽織を身に着けています。ちょうどこの手ぬぐいの川の色ですね。


西宮蛭子山 (白玉町)


入手困難度★★☆☆☆
大津祭 西宮蛭子山 手拭い

鯛釣山とも呼ばれている西宮蛭子山。手ぬぐい一面に水辺に大きな鯛が元気よく跳ねているところが描かれています。

所望はえびすさんが鯛を釣り上げるところが演じられます。
なかなか上手くつれなくて、何度も見ているほうはやきもきするのですが、それもまた楽し、そして見事に釣れたときは拍手喝采でさらに盛り上がります^^。


次ページ→神功皇后山と龍門滝山の手拭い