平成26年  大津祭 曳山巡行順

9月16日 大津祭りの巡行順序を決めるくじ取り式が天孫神社で行われます。
お祭りの先頭を行くのは狸山。

狸山以外の12基の順番がくじで決まります。


平成26年  大津祭 曳山巡行順は次のように決まりました。

平成26年 大津祭 曳山巡行順

くじとらずの先頭 西行桜狸山(鍛冶屋町)
1.湯立山(玉屋町)
2.西宮蛭子山(白玉町)
3.月宮殿山(上京町)
4.石橋山(湊町)
5.郭巨山(下小唐崎町・後在家町)
6.殺生石山(柳町)
7.孔明祈水山(中堀町)
8.神功皇后山(猟師町)
9.源氏山(中京町)
10.龍門滝山(太間町)
11.西王母山(丸屋町)
12.猩々山(南保町)


巡行順序が決まる毎年、9月の中旬ごろからお囃子の練習が各町はじまります。

大津の玄関口、大津駅を降りたところに大津祭りの立派な提燈が出ています。
くじで順番が決まった後は、巡行順に並び替えられています。

会社から帰って大津駅に降り立つと、おおっつ、提灯の順番変わってる! と気が付いて、"そっか、籤取り式、終わったのね。" と毎年感じる瞬間です。

大津はお祭りムードがだんだん盛り上がってきます。